錦織の欠場

image1.jpeg

錦織が全英をリタイアしました。
テレビのワイドショーや一般紙などでも活躍を期待
されている時は大きく取り上げられます。
そして故障や調子の悪い時は「大丈夫か?」と
不安をあおります。
視聴率が見込めるから取り上げられるのですが、
リタイヤすると「やっぱりダメかぁ」と国民が落胆。
しかし、それは織り込み済みの場合も多いのです。
年間を通してのポイントを見据えている選手たちは
すべての大会を全力で戦っているわけではありません。
自分にとって重要な大会だけは全力を尽くす。
そうでもない大会は、そこそこで構わない。
それぞれで優先順位があるのです。
前年の成績よりも落ちなければとりあえずOK。
前年ベスト4なら、それ以上だったら最高だけど
同じでも問題なし。
それ以下だとちょっとマズい。
直後の大会で挽回に走ります。
前年振るわない苦手なサーフィスならパスしても
かまわないけど、不参加だとペナルティあったり
するので緒戦だけ出ることも。
ざっくりいうと、不参加やリタイヤする大会は
事前にわかっているとも思われます。
心配しないで観戦しましょう。
その理論で言うと、もっとも気合を入れないと
いけない大会は‥。
ズバリ全米!
絶対優勝を狙いにいくはずです〜。

コメントを残す

名前はハンドルネームの入力を推奨します。

CAPTCHA