ラーメン商売

news152604_pho01[1].jpg

東京の博多ラーメンブームの火付け役とも評される超有名店
「なんでんかんでん」の本店が11月5日閉店しました。
25年の歴史に終止符を打って、フライチャンズ業に移行する
そうですが、ラーメン好きとしては驚きです。
環7沿いにあった本店は路上駐車で渋滞ができてニュースに
なったり、周辺からのクレームで行政が乗り出したり、環7に
続々とラーメン専門店ができたりと、なにかと話題になったお店。
澁谷もたまに食べに行っていました。
替え玉というスタイルは関東では珍しく、隣で食していた人は
何回も「バリで」おかわりしていました。バリバリ固めで
茹でてください(数秒しか茹でない)という意味です。
ラーメンの商売はお客さんが多く、新しい店には一度は足を
運ぶ男性がたくさんいます(澁谷もその一人 笑)。
そのためラーメンフリークの人が自ら「ラーメン屋やりたい」と
開業するケースが多いのでしょう。
いかに他店との違いを出すかと、リピートしてもらうかが課題。
ブログやSNSなどで紹介する人が多いので、有名店でも味が
落ちるとすぐに客足が減る厳しい業界。
訪れやすい立地も重要です。
スープをちゃんと仕込んでいる店は常に寸胴を炊いているので
ガス代がすごくかかるそうです。味に特徴を出さないとライバルに
勝てないので素材にもこだわる店が多く、もうけは結構な客数が
ないとでないようです。
国分寺のお店の近くにもいっぱいラーメン専門店があります。
路地という路地に一軒はある印象。
なかなか大変な業界です。

コメントを残す

名前はハンドルネームの入力を推奨します。

CAPTCHA