Oリングじゃないプリンス

942c6192309962d84608e1b9e04c3a45ec063a84[1][1].jpg

伝統のオーバーサイズとしてグラファイト110を持つプリンス。
近年はEXO3シリーズ一辺倒で、店に置いてないので
グラファイト欲しければメーカー注文するしかないほど
クラシックシリーズは不遇の状態でした。
しかし日本でのグラファイト神話再びというのでしょうか、
Oリングではないタイプを3機種新発売しました。
サーモプラスティック使用のしなやかにホールドするモデル。
J-PRO シリーズです。
http://princeracket.jp/sports/tennis/?post_type=rackets
おおっ、これはベテランのマニアが求めていたラケット!
大切なのは球飛びやスピン性能だけじゃないぞ、しっとり
コントロールできるものが欲しかったんだ〜。
イイネ!です。

Oリングじゃないプリンス” に対して1件のコメントがあります。

  1. きむ より:

    はじめまして。
    2002年頃でしょうか、テニスジャーナルの記事、毎号楽しく読んでました。
    プリンスのニューモデルですが、欧米ではクラシックシリーズとして
    グラファイトがフェイス107と100、100のロング、
    他にレスポンスというフェイス97のモデルが発表されています。
    個人的には、これまでのType-Jが好きになれなかったこともあって、
    J-PROよりもクラシックシリーズに期待してしまいます。
    とはいえ、どちらも選べる方がやはりうれしいので、
    国内では全部ラインナップして欲しいものですね。

コメントを残す

名前はハンドルネームの入力を推奨します。

CAPTCHA