HEAD RAGICAL MP(Mさん男性)セット例

IMG_0216.jpg

謎のラジカル、キャップ仕様。
どこで入手したのでしょうか…。
かっこよい。
縦バボラ トニックプラスボールフィール。
横がルキシロン エレメント。
ストリングセットが冬用で、マイルドな
打球感でありながらフレームと一体感がある
なかなかよさそうな組み合わせ。
グラフィンラジカルはタイオフ部分の
グロメットホールがけっこう大きめで
ノットが傷みやすいため、ナチュラルで
硬めに張る場合はちょっとチューブや
グロメット補修を施したほうが無難です。

HEAD RAGICAL MP(Mさん男性)セット例” に対して6件のコメントがあります。

  1. M50代男性 より:

    Hyper-G 1.30の感想
    昨年8月よりずっと同じ設定ですが、今回張立てを使って、これまでと異なる印象をもったので、報告致します。
    今回は、柔らかく、よく飛ぶように感じました。打球感が良い意味でなかったです。Hyper-Gを越えるストリングがあったら知りたい気もしますが、あと2,3年は設定を変えなくていいかも、と思いました。
    素晴らしい張り、ありがとうございました。

  2. go gor it ! より:

    いつも的確な分析でストリングを感じ取っていらっしゃいます。リクエストが明確なのでこちらもイメージしやすいです。

  3. M50代男性 より:

    Hyper-G 1.30に変更
    Tour-Byte 1.25か、Hyper-G 1.30のどちらかと指定して、Hyper-Gを選択して頂きました。
    ドーンという打球感ですが、このストリングは、ボールの飛び出しが早いので、使いこなせない感覚はありません。
    1.20よりホールドしてる感じがあります。ツアーバイトとは違って、ホールドしてる時間は短い感じですが、パワーはHyper-Gの方がはるかにある感じで、こちらの方が好きです。
    澁谷さんの見識が素晴らしいと思いました。
    バックハンドはかなり低いボールでも、
    アウトを気にせず、振り抜けるようになりました。
    これは、意図していたので、大成功です。
    サーブは、120よりはるかにスピンがかかります。これは意図していませんでしたが、サーブがサービスラインより手前に入れられるのは、安心感があります。
    ガットが新しいせいかも知れませんが、120より130の方が、スピンがかかります。
    ほんとに突っ込まれると、弱いボールになりますが、
    これは予想していたので問題ないです。ボレーも芯を外すと、ポテンになりますが、ポイントに繋がることが多いので、こちらも問題ないです。
    テニススクールのコーチからは、太いゲージの方がいいよ、と言われていたし、これまでで一番好きなストリングスは、Tour-Byte 1.35だったので、自分は太いゲージが好きなのだと思いました。

  4. go for it ! より:

    コメありがとうございます!

  5. M50代男性 より:

    Hyper-G 1.20に変更
    ミスヒットした時にオーバー気味になるのと、ボールを潰しやすくするため。飛びを抑える張りにはしてもらいませんでした。
    ストロークとボレーでの飛びは、前と同じ位。ハードヒットした時は、前回の張りより、こちらのの方が安定して入る。サーブは、当たりが薄いのか、失速する。これは調整が必要。
    真ん中に当たらなかった時の、飛びなさ具合は、やっぱりポリだな、と思う。振動止めは付けていないが、振動はない。

  6. M50代男性 より:

    セッティングのご投稿、ありがとうございました。
    先日、張りたてを使用させて頂きましたが、1時間位経過した後に、ニューであることを思い出した位で、違和感なく、打球感への意識もなかった様に思います。新しいと打球音とスピンが心持ち良く感じます。
    テニススクールのコーチからは、せめて縦をポリにしたら、と言われていて、加減してる感じ、ということなのだと思いますが。

コメントを残す

名前はハンドルネームの入力を推奨します。

CAPTCHA