錦織のストリングセッティング

TKY201305100046[1].jpg

以前ハイブリッドで縦ルキシロン4Gに横バボラ製ナチュラルを
張っていた錦織。
最近そのセッティングを逆にしました。
縦にナチュラル横にポリエステル4Gへ。
先程フェデラーを破った時はその仕様です。
同じ糸を縦横変えただけでそんなに違うの?とお思いでしょう。
これが結構違うんです。
基本、縦糸に使用している糸の印象が強くなります。
ナチュラルは、しなやかな打球感とボールの伸びの性能の糸。
ポリエステルは、叩いた時に乗っかる安定性と抑え目な球飛び。
普通は縦ポリ横ナチュで「耐久性と球飛び抑え」に「スピードや
打球感の優しさ」を加えたいセットが圧倒的です。
縦ナチュ横ポリは、フェデラーが行っているくらいで
ほとんどいませんでした。珍しいセットとされていました。
しかし試してみると、使い勝手よくオールラウンドに適合して
優しい打ち味だけど球飛びは抑え目になるので、意外とよい。
go for it ! ではハードに打ちたい女性にお勧めしている
セッティングです。
縦ポリ横ナチュよりもという比較の話ですが、
●深くショットが打ててアウトしない
●スピン性能やタッチがよい
●サーブのスピードアップに繋がる
反面切れやすいというデメリットもあります。
一般男性ハードヒッターには向かないセットかもしれません。
錦織やフェデラーは毎日張り替えているので切れやすさなど
気にしていないでしょう。
このセット変更が錦織の躍進の要因かもしれません。

コメントを残す

名前はハンドルネームの入力を推奨します。

CAPTCHA