過酷なツアー

今年に限ったことではないかもしれませんが、男子シングルス
3回戦の時点で9件の棄権試合。妙に多い気がします。
優勝候補のナダルは大会参加を見送っているので、それを
考えたら参加できなかった選手の棄権も加えないといけないかも。
シーズン最後のグランドスラム大会で疲労もピークになっている
のでしょうか。
錦織も大会前に手術して臨むほど、選手はどこかしら故障をかかえて
ツアーを回っています。
過酷なスケジュールは検討すべきだと思います。
治療や休養のために参加できなければランキングを下げることに
なります。無理に参加すれば故障を起こします。
なにかしらの救済策や前年活躍者は特例で優遇するとか。
大会や試合を面白くしながら、公平な扱いやチャンスを与える
アイデアで選手寿命を伸ばしてあげてほしいものですね。

コメントを残す

名前はハンドルネームの入力を推奨します。

CAPTCHA