見えないチューン

IMG_1244[1].jpg

鉛を貼りつけることでバランスやウエイトを変えるチューンを
行っています。
付け方や量には法則性があって、計算してつけないと効果が
感じにくいものです。ただ付ければいいってものじゃありません。
ストリンガー澁谷におまかせください。
見えるところに貼るのも「カスタムしているんだぜ〜」って
優越感にひたれるという人もいますが、なるべく見えないように
したいという人や、内部に挿入することで安定性や外れにくさを
実現する場合もあります。
今回請け負ったのはヘッドのフルバンパーの内側に鉛テープを
仕込むチューン。重さを20gアップするカスタムです。
新品のキャップグロメットであれば外しても戻すのが容易なので、
張る前にチューンすることをおすすめします。

コメントを残す

名前はハンドルネームの入力を推奨します。

CAPTCHA


前の記事

下河原線