現在の愛用ラケット

IMG_1307[1].jpg

よく澁谷の使用ストリングやフレームはなにかと聞かれます。
ストリングは新製品を試すので、同じモデルを続けて
使用することはほとんどありません。
気にいったモデルはほとんど廃番になってしまうし…(笑)。
フレームは本数を入手しやすく、シンプルなモデルを使用。
ストリングのテストをするので、同じフレームが10本くらい
そろうのが理想です。
重量に関しては基本的に重いものをチョイスします。
重い個体はそれだけグラファイトの密度が高く、そのモデルの
真の打球感を感じるために適していると思うからです。
300g以上あるモデルなら問題なく使用できます。
バランスはなるべくイーブン。
あまりトップヘビーだとフレーム性能で飛んでしまうので。
フレーム厚は20mm前後。そこそこのしなりがあれば、張った
ストリングの性能が色づかずにわかるからです。
あまりにうすかったり厚かったりすると、フレームの性能が
大きくなるのでテストに向きません。
フェイス面積は100平方インチ以上。
へたくそなんで、それ以下だと芯を喰えません(笑)。
それは冗談だけどもともとスピンをかける打ち方だったので
プリンス系のちょい横広あたりが好み。105くらいまでが
ベストだなぁ。
現在愛用しているのはトアルソンのフォーティラブ。
「プロゾーン」という神和住モデルです。
適度なしなりと面安定性と爆発力がバランスよく、張った
ストリングの細かなニュアンスがわかります。
これもすでに廃番なんですが…(笑)。
たまに中古で出物があると買ったりします。
あと3本くらいほしいかな。G3で程度がよければ(むふふ)。

コメントを残す

名前はハンドルネームの入力を推奨します。

CAPTCHA