炭酸ドリンク大好き

IMG_0836.jpg

コカコーラから「メローイエロー」が復刻したというニュースを聞いて、
買ってきました。セブンイレブンで最後の1本になってた〜。
味はCCレモンとFANTAオレンジを混ぜたような感じ。
ペプシのマウンテンデューに対抗して登場した製品で、同様なケースでは
セブンアップに対するスプライト、ドクターペッパーに対するミスター
ピブなどがありますね。
ファンタといえば中学生のころ飲んでいたアップルがたまらなく好き。
(のちのゴールデンアップルはちと違う。酸味が少なくキレがないかな)
グレープフルーツ味ならサントリーPOP。なくなってからはキリンMets。
メッツは売っているらしいのですが、なかなか手に入らない。
いずれもほぼ無果汁、入っていても数%というジャンクな炭酸ドリンク。
青春の味ですねぇ〜。
高校卒業後にはペプシコーラのバイトで上野公園や駅の売店に納品する
助手をやってました。ネコという2輪車に瓶箱を積んで階段を上がって
いったり、ビニールプールに冷水で冷やした瓶のキャップを取り上げた
瞬間に「シュポッ!」といい音で栓を抜いたりする技術を会得(笑)。
当時はまだ180ml瓶が一般的。500やリットル瓶も登場してましたが
酒屋さんくらいしか扱っていませんでした。
その後コカコーラでもバイト。缶やペットボトルに移行し始めたころ。
地元地域の酒屋やベンダー(自動販売機)回るルート車に同乗する
仕事でした。セールスドライバーさんは運転席に自分が飲む分のコーラを
クーラーボックスに用意しています。「やっぱビンが一番うめぇよな!」
同感です。缶やペットは炭酸がボケている気がします。クリアさがない。
自動販売機の売り切れランプが表示されても、実は最後の1本は残って
いることを知って驚きました。今でもそうなのかな?

コメントを残す

名前はハンドルネームの入力を推奨します。

CAPTCHA


前の記事

8強出揃う

次の記事

本日4強が激突