注目のクイーンズ決勝は?

Murray_Tsonga_Queens-.jpg

本日、マレーとツォンガが決勝で対します。
準決勝で、マレーはロディックを相手にせず完勝。
ツォンガはナダル相手にタイブレークで落とした後、その後のセットは
一方的なスコアで突き放して進出。
錦織と添田はともに1回戦負け。
注目されたのは、ツォンガに準々決勝で敗れたが、ワイルドカードから
上がってきたイギリスのワード。2年前に全英本戦に登場して、
最高位187位まであがった24歳・191cmと長身の選手です。
クイーンズ不参加のフェデラーですが、全英ではこれらの面々に
どうからむかが見ものです。

コメントを残す

名前はハンドルネームの入力を推奨します。

CAPTCHA