本物だ!

過去3戦全敗しているマレーにあっけなくストレートで勝った。
マレーも本調子とは程遠いとはいえ、ホームだし照明暗めだし、
サーバー有利かと思ったが、意外と遅めのサーフィスが吉だった。
とにかく錦織のサーブの調子が悪い。
ダブルフォルト連発でどーなることかとハラハラ。
出球でつまづくとその後の展開も乗りきれない。
ところがマレーもリターンミスを連発してお付き合い。
そのうちに錦織のサーブも収まりだして、ストロークのリズムも
よくなってきた。対してマレーのプレーはキレがなく、
粘りもないままズルズルとポイントを失う。
結局、2-1とした澁谷予想よりも競ることなく2-0で勝利。
いや、ここまで圧倒するとは思わなんだ。
ラウンドロビンで先勝した選手があがる確率が高い。
先日フェデラーにストレート勝ちしたラオニッチだが、今回は
サーブの調子がイマイチ。勢いがない相手には王者フェデラーは
負けることはない。
Bグループでは錦織とフェデラーがまず1勝。
次のフェデラー戦で勝てば、すんなり上がれる。
調子があがらないラオニッチを再びお得意様扱いで退けても
大丈夫だろう。
これでぐっとベスト4に近づいた。
優勝さえも夢ではないほどだ。

コメントを残す

名前はハンドルネームの入力を推奨します。

CAPTCHA