最近のフレームの傾向

ここ数年、フレームの性能が向上していると感じています。
張っていてフレームの変形が少なくなった印象。
昔のモデルは張っている最中、もっとググッと歪んだのに
今のフレームはあまり形が変わりません。
剛性が上がっているのでしょうか。
ヒビが入るのも軽減されていることでしょう。
打っていても面の安定性に優れ、打球がバタバタしにくく
コントロールしやすくなっていると思います。
その分フレームが硬く感じるケースもあるでしょう。
同じモデルでリニューアルするにともなって、仕上がりの
面圧が変わることがあります。
同じように張っていても、すこし固い数値がでたり
ボールを突いたフィーリングが硬かったり。
マイナーモデルチェンジして買い替えしたら、
ちょっと硬さや飛び具合に違和感を感じたあなた。
正しいです。おかしくありません。
むしろセンサーが敏感でよろしいことです。
気のせいかな、と放置して合わないままにする方が
ストレスになるし、プレーの向上を止めます。
テンションやストリングのチョイスを見直して
ベストセッティングをめざしましょう。
go for it ! はただいまお買い得品セール中!
どうぞご来店ください。
《 go for it! 澁谷 》

コメントを残す

名前はハンドルネームの入力を推奨します。

CAPTCHA