持ち球を知ることが勝利のカギ

カウンセリングをしていると「自分がどんなショットを打って
いるかが曖昧でよくわからない」という人がいます。
来た球をなんとなく打ち返しているのでは試合に勝つ可能性が
高くなりません。いや、天才肌な人ならなんとなく打っても
すごいショットになるかもしれませんけど(笑)。
澁谷をはじめとした、センスよりも努力でうまくなろうとして
いるタイプは「このタイミングでこんな弾道のショットをあの
コースへ打つ」と具体的なイメージを持つ必要があります。
そこで持ち球ということをカウンセリングで説きます。
自分の打っているショットの中で、なんだか相手が攻めてこない、
なぜかミスしやすい、リズムが合わないようだなど感じること
ないですが?相手にイヤがられている球ありませんか?
それがあなたの持ち球なのです。
そのショット、あなたしか打てませんよ。
磨きをかけてそのショットからの組み立てで試合の流れを
作れば、勝利がぐっと近くなってきます。
ここで勘違いしがちなのが、自分が打ちたいショットと
嫌がられているショットが必ずしも同じではないということ。
得意なショットというのが気分よく打てるショットになる
ケースがほとんどです。
相手も気分よく返してくるのでは、試合で有利に働かない。
持ち球は打ち合っている他人が一番よくわかっています。
練習を一緒にやっている人に「私の持ち球はなに?」と
聞いてみてください。意外なショットだったりしますよ。
ラケットをあなたに合わせるために、その持ち球を打ちやすい
ストリングや張り方をする必要があります。
私の持ち球はこれっ!と教えてください。
もっと使いやすいラケットに仕上げられます。

コメントを残す

名前はハンドルネームの入力を推奨します。

CAPTCHA


前の記事

連休前で