小平で住民投票 都内初

tama003[1].jpg

26日に道路計画を問う住民投票が小平市で行われます。
住民である澁谷のもとにも投票券が届きました。
計画を見直すか否か、を選ぶようです。
簡単に説明すると、前回の東京五輪前に東京周辺を整備しようと
計画された流れで、都心から放射状に伸びている路線を横に
大きくつなぎ直すということ。
町田市や八王子市→多摩市→府中市→国分寺市→小平市→
東村山市→所沢市が4車線でドーンと結ばれる南北道路ができる。
津田塾のあたりを走っている府中街道のバイパスを通す計画。
それより北のブリヂストン工場あたりはすでに整備済み。
それより南側の府中病院あたりも東八道路まで整備済み。
残っているのは国分寺と小平で、国分寺は現在整備中。
恋ヶ窪駅あたりで用地を空けてあります。
小平の残っている五日市街道と青梅街道間で着工する直前で、
市民グループが待ったをかけた。それで住民投票することに。
投票率が50%を切ると無効となり、着工開始です。
どうなりますか。開店前に投票に向かってきます。

小平で住民投票 都内初” に対して2件のコメントがあります。

  1. go for it ! より:

    池内さんは私よりも現場に近いので他人事ではないですよね~。
    便利を取るか環境を取るか、難しいです。

  2. 池内 より:

    私も小平市民なので、本日、期日前投票に行ってきました。
    5/12(日)のTBS系番組の「噂の!東京マガジン」でも取り上げられていましたね。
    ・住民参加により計画を見直す
    ・計画の見直しは必要ない
    を選択して投票するのですが、東京都の道路整備計画の一環であり、他市で整備が進行している中、小平市だけが計画見直しを要求しても通るかどうかが疑問です。
    それ以前に、4月の小平市長選の投票率が37%だったのに、今回の住民投票で50%に達するのかどうか・・・。

コメントを残す

名前はハンドルネームの入力を推奨します。

CAPTCHA