初心に戻る〜ハイシープ

IMG_0674.jpgIMG_0675.jpg

多くのストリングが各社から毎年のように発売されています。
最近はポリエステルの新製品が多く、目移りするほどですね。
「自分にはどれが合っているの?」
「そもそもどんな打ち味があるのかが知らないし」
ごもっとも。
発売されているすべてのストリングを打ったことがある人など
ほとんどいません。
自分の店で取り扱っているほとんどの感触を知っている澁谷だって
世の中にある製品を100%打っているわけではないわけで。
マニアでさえも、「う〜ん、いろいろ試したけど本当にフィットするのは
どれなんだろ?なんかわかんなくなってきた〜」という人が多い。
そんなときには初心に戻ることが大切。
初心とは、テニスを始めたころに張っていたエントリーモデルのこと。
基本を覚えたときに使っていた道具は、自分の基準になっている
とこが多く、迷走しているときには基本に立ち戻ってみるとよい。
澁谷と同世代で70年代にテニスを始めた人ならゴーセンの
「ハイシープ」がお勧め。ほぼ全員がユーザーだったでしょう。
それしかなかったって?まぁまぁ
太さが1.42mm ありますが、コーティングがほとんどないので表面が
ゴリゴリしてスピンもそれなりにかかります。なにより太いから
面安定性に優れ、飛びも抑え目でコントロールよく打てます。
低価格や耐久性と安定性に魅かれてポリエステルを使っているけど
打球感や振動減衰性がイマイチ…という人にもハイシープ。
けっこうハマりますよ。
現在では埋もれてしまっているけど、名品なんです。
写真上は現在のハイシープ。
下は昔のパッケージ。初めはビニールで覆われていました。

前の記事

桂花が…

次の記事

全日本テニス