他種目ラケットの転用がブーム?

tnitro[1].jpgtr9280[1].jpg

プリンスで発売されているバドミントン用トレーニングラケット。
「TF NITRO」といいます。
バドラケより重量があるので、パワーアップに最適かも。
スカッシュの形状ですが、スカッシュ競技用ではありません。
素材がカーボンコンポジットにアルミというタイプ。
価格は6千円ほどです。競技用が安くて2万5千円からです。
もうひとつはトアルソンのテニストレーニング用。
「スイートエリアラケット280」といいます、
すごく昔のスカッシュのラケットに似ています。
こちらはテニスのショットで芯を喰うためのもの。
素材がグラファイト+グラスファイバーなので、
実際にボールを打てますね。
フェイス面積が60平方インチなので、ウッドよりも小さい(笑)。
価格は1万5千円ほど。
スカッシュラケットがいろいろな方面で転用されています。
これはテニスもバドも、スカッシュとフレーム長さ的に
ほとんど同じだからできる芸当。
重さも130gくらいなのでテニスとバドの中間。
まさに隙間産業なんですかね。

コメントを残す

名前はハンドルネームの入力を推奨します。

CAPTCHA