ルキシロングリップテープ

IMG_0009.jpg

新発売された「ELITE DRY」300円
ライバルはプロ使用率ナンバーワンのトーナグリップです。
ドライタイプの草分けであるトーナは吸水性に優れますが
耐久性に難がありすぐに表面が荒れてきます。
プロは毎試合毎に巻き替えるので耐久性なんか気にしませんが
一般プレイヤーはそれではちょっと厳しい‥。
もうちょっと長持ちしてくれないかなぁ〜という声に
他社は対抗モデルを発売してきましたが、なかなか
王者トーナの牙城を崩すまでには至りませんでした。
満を辞してストリングてわプロ使用率ナンバーワンの
ルキシロンが発売したのがこのエリートドライ。
入荷した時、戸惑ったのがどちらが表なのか。
普通は保護フィルムが貼ってある側が表。
ウエットタイプでは表と裏両方に配し貼ってあることも
ありますが、その場合はグリップエンドから巻き始める
ためのスタート止めに使う両面テープがある側が裏。
ところが‥
このエリートドライはフィルムが貼ってある側に両面テープが
ついています。
長年グリップテープを巻き続けいる澁谷は困惑しました。
なんだこれは。もしかして初期ロットの不良品か?
程なくしてメーカーからメールが送られてきました。
「フィルムが貼ってある側が裏」
「両面テープがある側が裏」
表面のタッチをフィルムで潰さないように配慮したようです。
思い込みが時として邪魔になることもあります(泣)。

コメントを残す

名前はハンドルネームの入力を推奨します。

CAPTCHA