ボールリフティングの方法

IMG_1372.jpg

うまくできない人の特長は握ったラケットがどんどん上に
あがっていくことです。
写真のようにグリップを地面と水平になるように握りましょう。
いつもと違う握り方だって?いいのいいの、スイングする
わけじゃないから(笑)。
そしてボールを胸の高さくらいまで弾ませます。
グリップはあまり移動させないで、足腰でちょいとはずみを
つける感じかな。グリップの位置は腰の高さをキープです。
落ちてきたボールをストリングで受け止める時に、打球感の
一端が感じられます。振動の具合や打球音や乗っかり感など
他のラケットを突いた時の印象と比較してください。
しっかり真ん中で受け止められるなら、スイートエリアの
位置まで確認できます。一番衝撃が少なくボールがすっと
飛んでくれるところがどこか。探してみましょう。
自分の打ちたい(打っている)場所とシンクロしているなら
最適なセッティングです。ズレていれば、なんかうちにくいと
思っているはずですよ。
上級テクの持ち主ならフレームを90度回転させてフレームの
横で突けます。うえにあげなくても地面につけばよろしいです。
プレー中にやると集中できて、ストロークが芯を喰った当たりに
なってきますよ。これオススメ。
さて写真でボールを突いているラケットですが…。
これが新春発売のウイルソンのニュープロスタッフ。
なんとケブラー配合が復活です。今では珍しい製品。
あのしなやかな粘りのある打球感がプロスタッフで再現される。
ちょっとウイルソンから離れていたマニアが戻ってくるでしょう。

コメントを残す

名前はハンドルネームの入力を推奨します。

CAPTCHA