ブリヂストンの名器

IMG_1252.jpg

お客さん依頼のRVシリーズの後期バージョン110Rです。
ブリヂストンのラケットは国内だけで販売されています。
親会社の意向が如実に反映していることが理由です。
ちょっとブログに載せるには適さないので、お店においでの
お客さんにはお話しますよ〜。
テニス業界に参入したのは比較的新しいメーカーです。
スタート時はスポルディング系を継承したような気がします。
その後登場していまだに後継機種があるプロビームは
当時の人気機種プロスタッフ85やプリンスグラファイト110を
リスペクトして生まれました。
このRVシリーズは厚ラケブームに対抗して「しならせて飛ばす」
コンセプトで生まれました。
ヘッドのプレステージ的にフルグロメットで覆われています。
それを外すとフレーム本体はプレステージよりも薄く、
いかにもしなりがありそうな印象です。
RVシリーズ発売当時はナイロンストリング全盛の時代。
カラーも蛍光色が流行りでした。
フレームに合う蛍光イエローのストリングは今では少なくなり、
トアルソンのアスタリスクのカラーバージョンを張りました。
おぅ美しい〜。

ブリヂストンの名器” に対して2件のコメントがあります。

  1. go for it ! より:

    貴重な体験談ありがとうございます。
    私もその当時に開発担当者に取材しています。
    たぶん同じ人でしょうね。

  2. やんど より:

    ブリジストンのテニス事業部が出来て間もない頃、就職見学に行った事があります。タイヤ関連の施設を一通り見せられて、質疑応答の時に、テニス関連の人の話を聞きたいと言ってみたら、呼んで来てくれて、何と!開発現場まで連れて行ってくれました^^
    そこでは、CADで図面描いてたり、当時の我が愛機のProstaff Mid君が黒く塗られて、ひたすら逆さまになって落とされていました(T_T)…1万回?繰り返されるとか。。。
    その頃は目標にしていると確かに言ってましたね。
    それから数年経って大宮の某TCでテニスしてたら、テニスウエアの見知らぬ人がコートに入って来て、ラケットの試打をしてほしいと。R-24って書いてありました。
    今度出る新製品ですから、と打ってみたらなんとなくProstaff Midっぽい^^;
    私のラケットを見せながら、「もしかして、これの対抗ですか?」と聞いたら、「まあ、そんなところです」と苦笑い…。
    売れ筋ってのは、マネされるものなのですねぇ。
    今はピュアドラかな?(今の愛機です^^;)

コメントを残す

名前はハンドルネームの入力を推奨します。

CAPTCHA