バボラ新製品「ORIGIN」

IMG_1306.jpg

バボラ新製品「ORIGIN」
原点を意味する単語「オリジン」。
それをつけられたバボラの新ストリング。
新製品というとポリ系やマルチばかりで、あまり発売されない
カテゴリーであるナイロンのモノフィラメントタイプです。
実は一番ベーシックで、誰でも使える性能なのですが、
開発が行きついてしまい目新しい特長が出しにくいので
なかなか新しいモデルがでてこないんです。
その代わりロングセラーが多いので、価格は安めな設定。
もちろんストリングメーカーも頑張って新製品出してます。
ゴーセン:太・耐久でもスピンの「ストロングダイア」
トアルソン:ハードショットでホールド・ソフトで反発の
「アスタリスク系」などに代表されるタイプです。
シンプルに弾いて爽快な打球感に味付けをしたモデルです。
今回のバボラのオリジンは「飛び」に「ホールド」を融合
した製品。ナイロンとはデュポン社のポリアミド素材の名称
なので、それ以外なら単にポリアミドと表現します。
断面構造を見ると、なるほどと思います。
それは側糸がないという点。
通常、芯糸のまわりに細めの側糸を巻きつけています。
それがないので芯の打球感優先になるのでしょう。
以前も似たような製品はありました。
トアルソン「サイバーナイロンPH」や「TNT FATCORE」で
ほとんど芯糸だけで構成されたもので、柔らかで飛びが
よかった印象でした。
TNTファットコアは名品で、すごく軽やかな球飛びなのに
乗っかり感に優れたコントロールしやすい糸でしたねぇ。
いまだに「これよかったよね」というお客さんいます。
それが再現されるのなら価値があります。
ただし、価格が…。
ナイロンモノの価格帯が2000円以内がほとんどなので
この3,500円というのがどうなのか。
パフォーマンス優先ということでいかがでしょうか。
ゲージは1.30mm/1.25mmご用意してあります。

コメントを残す

名前はハンドルネームの入力を推奨します。

CAPTCHA


前の記事

バレンタイン