バウンドテニスにゅーす

20120129020jd[1].jpg

澁谷が仙台に住んでいた3年間、愛読していた地元新聞の
「河北新報」からの転載。バウンドテニスの記事がありました。
多摩地区にはプレー人口が多く、生涯スポーツとして盛んな
ラケットスポーツです。
張り替えをしていると「それはジュニア用?」と間違われます。
たしかに見た目はジュニア用テニスラケットに見える。
ボールはソフトテニスに似ていますが、へそ(エア注入口)が
なく一回り小さいサイズです。
第21回岩手・宮城バウンドテニスダブルス大会(岩手県一関市
バウンドテニス協会、河北新報社主催)が29日、一関市総合体育館
で開かれ、岩手、宮城両県から出場した55チーム110人が熱戦を
繰り広げた。
男女別にフリー(年齢制限なし)、ミドル(45〜59歳)、シニア
(60歳以上)の計6部門で行われ、予選リーグと決勝トーナメントで
日ごろの練習成果を競い合った。
バウンドテニスはテニスコートの6分の1大の専用コートを使い、
ペアの選手が交互にボールを打ち合うスポーツ。

コメントを残す

名前はハンドルネームの入力を推奨します。

CAPTCHA