トアルソン「ジョーカーコア」

jcore.jpgjc2.jpg

ポリエステルのストリングは基本モノフィラメント構造です。
側糸がない単芯のみなのが普通。
ポリエステル素材は接着することが難しいためです。
ナイロン素材は接着が容易なので、さまざまな構造があります。
それによって、打球感や耐久性など特長を追求した性能の
バリエーションをだすことが可能なのです。
ポリエステルストリングは、どれも同じような打ち味になりがち。
メーカーは特長をだそうと四苦八苦して、トライしています。
柔軟性が少なく単調なポリエステルストリングに、シャープと
マイルドを共存させようと編みだした手法が内包スタイル。
接着できないなら中に包んでしまえ、というわけ。
それによって打球感が違う特長を一体化させました。
トアルソンが始めたのがRENCONやDUAL-POLYのシリーズ。
そしてその進化版がJOKER-COREです。
高反発素材とホールド素材の融合によって、乗っかりながら
弾くパフォーマンスに優れます。
攻めと守りの切り替えをしてゲームを組み立てるスタイルなら
相性がいいでしょう。

コメントを残す

名前はハンドルネームの入力を推奨します。

CAPTCHA