デ杯初日 2勝して好発進

2013020101002003[1].jpg

デ杯オセアニアゾーン1回戦。
再度ワールドグループへ返り咲く第一歩。
インドネシアとの初日は伊藤竜馬、添田豪ともにストレート勝ちし、
アジア王者らしい内容で王手をかけました。
竜馬は相手に打たせてじっくりとポイントを狙う受け身の戦法。
前回のデ杯戦では精神的に崩れた悔しい負け方をしただけに、
今回は決して負けないスタイルで臨んだようですね。
放映を観ていて「あれっ」と思ったのはウエアがパシフィックに
なっていたこと。先日トータル契約したウイルソン条件では
ウエアに関しては海外限定着用とはなっていましたが、
唐突にパシフィック…。
フレームもストリングも使用していないのになぜ?
どうやらゼビオスポーツとの契約もあり、兼松+ゼビオで展開して
いるパシフィックブランドを昨年から着用しているようです。
昔の兼松江商ね。フィッシャーを扱っていました。その流れかな。
でも昨年のデ杯や楽天やヒートジャパンなど、国内で彼が着ていた
のはウイルソンだったのに、いきなり着用していたのでびっくり。
明日のダブルスにも出場するので注目してみてください。

コメントを残す

名前はハンドルネームの入力を推奨します。

CAPTCHA


前の記事

KAWASAKI RULER