ジョコビッチ肩故障で棄権

IMG_0894.jpg

先週行われたシンシナティ大会。決勝はジョコビッチVSマレー。
マレーが6-4, 3-0とリードした時点で、なんとジョコビッチが
肩の故障を理由に棄権。
「痛くてサーブが打てなかった。ファーストが150kmくらいしか出ない」
現在行われているのはウイストンセーラム。全米直前の大会。
シンシナティに参加した上位選手は出ていない。
ジョコ故障により優勝予想がむずかしくなりました。
日本注目の錦織は予選を勝ち上がり、緒戦は相手から26個の
サービスエースを叩きこまれながらフルセットで逆転勝ち。
全米のドローは25日に発表される予定のようです。
差し入れいただきました。
いつもありがとうございます佐々木さん。

コメントを残す

名前はハンドルネームの入力を推奨します。

CAPTCHA