ゴーセン新製品「CXシリーズ」MULTI CX

1366338073-987700_1[1].jpg

CXシリーズのAK CXと一緒に発売されたTEC GUTの進化版。
テックでは珍しい芯糸ありのモデルです。
芯があるとどうなるかというと、反発性と伸びにくさと
固さが強調されやすくなります。
マルチフィラメントのストリングでは、その要素が欠けて
飛ぶ印象が少なく、ややダレやすく、柔らかい打球感で
あることが多い。
そこに芯を入れることで、モノとマルチの中間を狙った
モノマルチというカテゴリーが誕生したのです。
すなわち万人受けするパフォーマンスですね。
打った印象はマイルドでコントロール性が大変よろしい。
不快な振動が少ないのも評価できます。
ボールを突いただけでも明らかにいい感じがします。
ストロークでもサーブでもストレスなくボールをヒット
できるので、安心してプレーできました。
CX処理での高耐久性があるので、つぶして打ちたい
ハードヒッターでも使えます。
特にハイブリッドでの横糸使いには最適かもしれません。
最近のゴーセン新商品ではアルミパッケージが採用されて
密封によって「紫外線からの変色防止」「乾燥の防止」が
なされています。
ストリングにとって最適な管理状態といえます。
ナチュラルではほとんどがアルミパッケージですが、
ナイロン系ではあまりありません。
がんばりましたね〜ゴーセンさん。
MULTI CX 16
素材:ナイロン
構造:モノマルチ
色目:ナチュラル
長さ:12.2m
太さ:1.30mm/1.24mm
価格:2,500円

コメントを残す

名前はハンドルネームの入力を推奨します。

CAPTCHA


次の記事

本日体育の日