グリップの重要性

「パフォーマンスアップ」をテーマとしているgo for it !。
ストリングを中心にサービスしていますが、グリップも重要。
ストリングはボールとのコンタクトする部分。
フレームよりもショットに大きな影響があるのは当然ですね。
それと同じでボディとのコンタクトはグリップにあります。
ここがシビアに管理されていないと台無しですよ。
プロ選手がトーナメントでプレーしているのをみると
グリップテープが汚れている人はいませんね。
みんなまっさらな状態でプレーしています。
しかし、インターハイなどのアマチュア大会の放映では
汚れているままで試合をしている選手もいたりします。
ああグリップテープが新品ならもっといいプレーできたかも
しれないのに、なんて考えちゃいます。
大切なゲームのときには惜しまずに交換しましょう。
気分もあがるはずです!
そしてよく見かけるのがグリップテープを2重にも3重にも巻いた
状態で使用しているケース。
フレーム購入したときに、うっかり細いグリップサイズを
選んでしまったのか、後からなんとか太くしようとしますが
すごく丸くなっています。
それが快適ならいいのですが、角がわからなくなってショットの
精度が落ちる可能性がありますね。
go for it ! ではその人に合ったグリップテープの選び方や
巻き方でサポートしています。
太さも角をしっかり出したサイズアップを提供できます。
細くするのはハーフサイズくらいまでは容易ですが、
それ以下にはちょっと状態次第になります。
ストリング張る時にグリップも一緒にご用命ください。
もっと自分に合った状態にしたいというご相談、大歓迎です。
ジャストフィットすればもっとテニスが楽しくなりますよ。

コメントを残す

名前はハンドルネームの入力を推奨します。

CAPTCHA