グリップからも見透かせる

IMG_1412.jpg

フレームの擦れている部分を見てプレースタイルを想像する
だけではなく、グリップの痛み具合からもわかります。
本日来店のお客さんのグリップ。
一部分だけすごく破けています。
グリップを握る側を決めているので常に同じところに親指が
当たるのですが、それにしても深く破れています。
グリップエンドで支えて、親指を支点にラケットヘッドが
くねくね動いていませんか?
「そうなんです〜。フラットで打つんですがコントロールが
いまひとつ安定しません。フォアの時に融通効かせすぎる」
なるほど。グリップの太さをもうちょい上げるといいかも。
ストリングセットは振動少なく球持ちよい状態にしてあるから
それに甘えすぎると打点が遅れてもなんとかなっちゃうね。
ちゃんと腰をひねって手打ちにならないようにしながら
打点のポイントを一定にするポジションに動きましょう……。
などと、今後のセッティングのための会話が続くのでした。

コメントを残す

名前はハンドルネームの入力を推奨します。

CAPTCHA