ウイルソンの目粗ラケット選手仕様

demipng.png

全豪で目の粗いスピンタイプのプロスタッフを選手が使用
したというリポートがメーカーから届きました。
PRO STAFF 95Sで通常は縦16本×横15本のストリングパターン。
一般プレーヤーではこれでスピンがバリバリかかる設計。
しかし選手のハードなスイングやインパクトでは、すぐに
ストリングが切れてしまうために、縦の数を増やし横だけ
本数を減らした仕様。
写真は全豪でのディミトロフ。
PROSTAFF 95Sディミトロフ専用 ストリングパターン18×17
PROSTAFF 95Sドルゴポロフ専用 ストリングパターン18×16
横糸1本だけ数が違います。
その1本の差でどのようにショットが変わるのでしょうか。
ちょっと興味深いですね〜。

コメントを残す

名前はハンドルネームの入力を推奨します。

CAPTCHA