「手張り」って

25sp[1].jpg

ストリングを張る方法の変遷についてのあれこれ。
現在ではストリンギングマシンによって張られます。
それもコンピュータ制御された最新マシンを使用する店が
ほとんどです。
プロ用マシン1台の価格は60万〜100万円。
中古車が買えるほどの値段です。
ストリングを引っ張る動力が電動モーター式で、コンピュータ
制御は指定テンションをキープする「コンスタント・プル」と
いうシステムです。
電動でもコンピュータ非搭載モデルはキープせず、ストリングの
伸びや摩擦のズレがあっても一度止まったところでストップ。
コンスタント・プルでは、指定テンションからずれてきても
引っ張り続けるので、正しい張力で仕上がります。
ボタンを押せばストリングをはさんだテンショナーが動く
ワンタッチ方式です。
電動式の前は手動バネ式のマシン(写真のタイプ)が主流でした。
指定テンションに達するとバネがはじけてロックされます。
「スプリングアクション」と呼ばれるこのスタイルは、
コンピュータ非搭載電動モデルと同じで、ストリングの伸びを
計算していないので、指定テンションよりもゆるく仕上がります。
ストリンガーが工夫して仕上げるテクニックが必要です。
ボタンひと押しで動くのではなく、動力は手でよっこらしょ。
ハンドルをくるくる回してテンショナーを移動させるので
最近ではこのタイプのマシンを「手張り」と呼んでいるようです。
「こちらのお店は手張りですか、電動ですか」と確認される
ことが増えて、「コンピュータ制御の電動です」と答えます。
ところがストリンガー歴が長い澁谷にとって「手張り」とは
さらに以前のことだと認識しているのです。
うんちくが長くなりそうなので続きは次回に。
9月の無料講演会の参加者募集中↓
http://blog.goforit-stringer.com/article/58028074.html

コメントを残す

名前はハンドルネームの入力を推奨します。

CAPTCHA