振り抜き感とラケットバランス

本日はなにか振り抜き感にこだわるお客さんが多かった…。
先端の振り抜き感についてはいろいろ科学的な要因があると
思いますが、感覚的にはフレームのバランスがイーブンよりも
トップライトであるほうが操作性が向上すると思います。
イーブンとはフレーム本体だけ(ストリングやグリップテープを装着
していない素の状態)で測定した時に、グリップから31cmで釣り合う
モデルを指します。
現在のラケットの多くはイーブンバランスより多少トップヘビーの
傾向にあり、スピン性能やパワーを重視する設計になっています。
昔ながらのモデルは、全体重量があり先端が軽く感じるトップ
ライト設計です。ラケットヘッドを瞬間で返すことが容易です。
逆にトップヘビー設計はスイング振り始め(インパクトまでの部分)は
遅れがちになりますが、インパクト後はヘッドの重さで走っていく
感覚があります。伸びるボールを打つ振り抜きならヘビー。
リストを返すことで振り抜けると感じるならライトがお勧め。
プレーヤーのスイングの違いによって、振り抜き感がいいと感じる
タイプは異なります。あなたはどちら?
振り抜き向上のチューンはご相談ください。
もっと自分専用のラケットにカスタムしますよ。

前の記事

また雪が…