ルキシロン アドレナリン

IMG_0788.jpg

ルキシロンのもっとも低価格帯に位置するZOLOが廃番となって
その代わりに登場したのがアドレナリンです。
素材は従来のラインアップにないものを使用しています。
ゾロは硬い打球感でありながら、ちょっとねっちりしたユニークな
フィーリングでしたが、このアドレナリンはとっても普通。
といっても、バランスが取れている、いい意味での癖のなさがウリです。
ややしなやかでホールド性も良好。球飛びもかろやかな感じです。
アドレナリンがでるぅ〜というのは脳内でヤル気スイッチが入るような
ことなのですが、この名前は以前他社ストリングで複数ありまして…。
混同される可能性がありますな。アドレナリンといったらコレ!と
なるようなロングランになればいいのですが。
写真は凹凸加工のラフ。
表面がスムースな通常タイプの製品もあります。
LUXILON ADRENALINE R
太さ:1.25mm
長さ:12.2m
素材:リキッド・クリスタライン・ポリマー
色目:うすいシルバー
価格:2,000円

ルキシロン アドレナリン” に対して2件のコメントがあります。

  1. アバター go for i t ! より:

    ルキシロン独特の粘りというのは、たぶんアルパワー系のことを指して
    いるのでしょう。
    オリジナルなどは粘りというよりもあっさりな印象がありますから。
    そういう意味では、粘り感はうすいかな?
    もちろんホールド感はありますが、ねっちりというよりも、軽やかな感触のほうが
    勝るかと思います。
    ルキシロンのストリング全般に角切れがしづらく張るときに不安を感じません。
    それがちょいウエットな粘りがもたらす効能かもしれませんね。

  2. アバター ピンピン より:

    新作ガットインプレいつも楽しみにしてます。
    サベージとアドレナリンにルキシロン独特の粘りはありますか?
    難しい質問ですがよろしくお願いします。

コメントは受け付けていません。