ナダル辛勝

負けるか?とブログの速報を用意したほど、トロイツイに追い込まれ
きわどくナダルが勝利をおさめました。
ファーストをなんとか取ったナダルですが、セカンドはトロイツキの
勢いを止めることができません。
ファイナルに入るとナダルもトロイツキもギアを上げてスーパーな
ショットの応酬になります。
ほとんどマッチゲームを握ったトロイツキが勝ちを意識したのか
凡ミスを連発。ナダルがなんとかタイブレークに持ち込みます。
ここで経験の差がでたのか、きわどくかわしての勝利。
これは会場で観ていた人たちはよかったでしょうね~。
今大会のベストマッチと言えるでしょう。
観客の「おおー!」という声がもれるほど、エンターテインメントとしての
選手冥利に尽きるはずです。
「オーディエンス、エンジョイ?」と心の声が聞こえるほど。
しかしそれほどの余裕はナダルになかったかもしれませんが。
錦織に勝って準決勝まであがったトロイツキ。
その試合では真価は発揮していなかったようで、ミスが多い普通の
選手でした。これが50位台の選手か?と拍子抜け。
しかし、ジョコビッチに引っ張られテニス強国となったセルビアでの
ナンバー3 は伊達じゃない。
実際にジョコビッチと幼馴染で切磋琢磨して成長したトロイツキは
ナダルを心底あわてさせるテニスをしました。
錦織が勝って、このポジションを得ていればなぁ。
トロイツキはガルシアロペスに勝って上がりました。
そのガルロペは先週のタイオープンでナダルに勝って優勝しています。
この3人は三すくみ状態で調子がいい者がもっとも強いのかも。
50位以内の選手は大当たりすると優勝できるといいます。
しかし、コンスタントに優勝できるのはさすがにトップ10の選手。
ナダルとモンフィスの決勝。
フランスナンバー2のモンフィスは10位台の選手。大当たりできるか?

前の記事

終わった~