ストリングの打球音

IMG_0445.jpg

ストリングの性能にはいろいろな特徴があります。
耐久性:切れにくさと性能の持続力の分野があります。
反発性:ショットのスピードアップや球離れの早さの分野があります。
スピン:表面の摩擦をでこぼこや粘り感で向上させます。
これらの要素が、おもにパッケージやカタログで大きく表記されます。
耐久!パワー!スピード!コントロール!スピン!などの文字が
踊っているのを見たことがあるでしょう。
それ以外にも、実はプレーヤーに深く印象づける性能があります。
それが今回取り上げた「打球音」。
実験で耳栓をして試打すると、どのストリングも同じように感じる
結果が出ているようです。
通常に試打しても、音が響くモデル/こもるモデルでは圧倒的に
響く方が好評だという結果が。
その要素に着目して開発されたバドミントンストリングがこれ。
体育館で行われるバドは音が響くので、大きな高い音をさせる
選手のほうが強いと判断されやすいようです。
選手自身も「当たりがいいぞ」と気分的にアゲアゲになりやすい。
太さや色も多彩に展開中。
なんとカラーのハイブリッドセットまでご用意してます。

ストリングの打球音” に対して1件のコメントがあります。

  1. kou1 より:

    いつも、楽しく拝見しています。
    今回、コメントさせていただいたのは、
    今、まさにテニスのストリングで打球音が響く
    物に張り替えたいと思い探しているところです。
    張った時のテンションが高いほうが打球音が高くなるのは、想像できるのですが。
    特定の商品、あるいは素材、モノ、マルチの違いなどによる傾向でもかまいませんので、教えていただけないでしょうか?

コメントは受け付けていません。

次の記事

季節の変わり目